うれしい便り 二つ

c0100195_1193255.jpg


8月に私に届いたうれしいはがき
 一つは陸前高田の避難所「絆の丘」自治会さんから

 まだ荷物が配送されないときに私がはじめて子ども達の手紙と可能となったメールゆうパックに入るだけの支援品をいれて送った先がこの陸前高田の第一中学校だった。
 ささやかな手紙一つにもこんな丁寧なお返事いただき本当にうれしかった。

 どんどん避難所も閉鎖されて少しづつよい方向に向かっているのでしょうか。
ありがとうございました。

 もう一つは先日のいわきでのワークショップの終わりがけに私の横でモジモジしている女の子がいて、なあに?と声かけたら後ろ手からさっとこのはがきを渡してくれてにっこりと・・・

 ワークの後にお手紙かいてくれていたのでした。
 かえでちゃんありがとう。
とてもうれしかったです。
 文中の「すっごく きれいでした。」・・・というのは私のことじゃないのよね。万華鏡のことよね。
わかっているけど・・・勘違いしたくて・・・
 
今年の夏は終わった
でもこの二つのお便りは
私の大切な夏のプレゼント。



どのくらい被爆しているかとか
検査に出してもはっきりした数値がつたえられなかったり、
一番ひどい地域で一時帰宅許されて持ち帰る荷物もその場でちゃんと除染してから持ち帰っているのだろうか、持ち帰ってから除染していたのでは遅いのではないか。
 被爆した軽トラックが走り回っているとも

だんだん 被爆されている事実が公になってくるが、まだまだあまりにも見えてこない。
そして、何より
福島、いわきで知り合いになった方々のことが目にうかぶ。

福島がフクシマになってしまったことが悲しいと。
by nobukoueda | 2011-09-01 11:34 | 日々日記 | Comments(6)
Commented by petapeta_adeliae at 2011-09-01 22:38
>文中の「すっごく きれいでした。」・・・というのは私のことじゃないのよね。
>万華鏡のことよね。わかっているけど・・・勘違いしたくて・・・
鼻水が出そうなぐらい笑ってしまいました^^

かえでちゃんのモジモジしている姿が見えるようです。やった甲斐があったと
いうものですよね。
Commented by nobukoueda at 2011-09-01 23:06
>ソーニャさま
 かえでちゃんの手紙読んだそのときは・・まあ、きれいって・・・と本気でうれしかったです。でも本意はいかに?本人には確認してないので・・・まだわかりませんよね。
 子どもからのお手紙はうれしいものですね。
Commented by YuccaR at 2011-09-02 11:00
嬉しいあいまいさですね。子どもたちのこころに美しい思い出となりましたね。福島のこと、は、襟を正して読みました・・・・。
Commented by nobukoueda at 2011-09-02 13:39
>YuccaRさま
 義援金も大切ですが、子ども達の心にはこのような機会がたくさん必要だとココロより思いました。
 福島に住んでいる人は被爆者として生きる覚悟をされているようでした。娘さんの結婚まで本当に心配されていました。
Commented by at 2011-09-02 21:59 x
伝わってますね、やろうとした事や、その気持ち。いいなぁ。 
震災直後の、どうにももどかしい、哀しみにも、怒りにも似た気持ちを思い出しました。
こんなに優しい気持ちになって戻ってきましたね。
Commented by nobukoueda at 2011-09-02 23:35
>頼さま
 本当に、何も本当にお礼状とか、皆大変だし、たくさんの方々から色々あるから、まさか私にくださるとは思ってもなかったのにやはり、うれしいものですね。届いていたのですね。
<< 福島県立美術館にて「七夕の箱」展示中 チャリテイポストカード >>