石のコトバつなぐプロジェクト

なんちゃって・・このブログのつながりで一人でも一緒に東北への応援支援できたらと

 石のコトバつなぐプロジェクト

 はじめは個人的にすぐ義援金という形でお金でしたが、
ゆうメール便なら送れると陸前高田市にアトリエの子ども達のメッセージカードとささやかにお絵かきグッズを。
 もっと相手が見える形がいいと
 totiさんつながりでケアハウスに支援物資を。

そして今回漬物支援のお声かけていただき実現。

 昨日はアトリエの子ども達に透明収納ボックスに飾るかわいいシールを作ってもらい、この大きなボックスにいっぱいになったら送りたいと、

 実はすぐに手作り手芸のプロのHさんからコップ袋作りますとお申し出が、そしてもう、そろいましたと。

以前ハンカチから巾着袋を作るのをやったのに、もう思い出せず、ネットで調べてなんとなくわかったので、少しでも私も作ってみようと。布も買ったのだけど。

 保育園のお昼寝マットもこれからいいとのこと、ほかに上靴入れとかもいいかも。子育て中の方がいらしたら一つ二つ余分があればねえ。
 
というわけで
 子どもアトリエのお母様方にもお声かけしたので

来週末金曜日ごろにひとまずまとめて送りたいと思っています。
 
よろしく願います。
by nobukoueda | 2011-05-13 00:42 | 日々日記 | Comments(7)
Commented by kaede-natural at 2011-05-13 08:25
おはようございます!石のコトバつなぐプロジェクト、私もムリなく出来る範囲で協力します。
お裁縫は残念ながらあまり得意ではないのでお菓子(手作りは念のためやめておきます)なら送れそうです。
子供さんは何人くらいいらっしゃるのでしょうか。送り先も教えてください。
Commented by nobukoueda at 2011-05-13 10:51
>kaedeさま
 いつも本当にありがとうございます。
ほんとはkaedeさんの手作りクッキーとかお菓子はとても喜ばれると思いますが、遠方で2日間以上はかかるし、日持ちのするものがいいとおもいます。
広田保育園はすぐいつも支援しているようですが、数は向こうで調整するのでお気持ちいくらでもです。送り先はそちらにコメントしました。また私の持てる範囲でしたら、日曜日から数日岡崎ですのでいただいて一緒に梱包しますよ。よろしくです。
Commented by つかP at 2011-05-13 10:53 x
カエデ様
 子どもたちへの支援物資は、みなさんのできるだけで十分です。
 10個でも100個でも、細く長くつなぐことが大切です。
 発送は、できればノブコさん一括のボックスにしていただくと、受けとり側も助かります。荷物の送料がノブコさんに負担になるのでワンコインを支援物資と共に添えるといいかと思います。もちろん、子どもたちへのメッセージを袋に描いてくださってもいいのですが、お礼をお伝えすることは無理です。予めご了承ください。
ボランティアは自発な自立した行動ですから、無理のないお気持ちは必ず伝わります。現地のりんごの花は実をつけれませんが、皆さんの思いが身を助けます。感謝。
Commented by at 2011-05-13 21:55 x
あぁ、良いですね、しなやかであたたかい繋がりですね。
自分だけが行動に起こすのは、実は簡単なのかもしれません。
人と協力しての活動というのは、なかなか誰もができることではありません。
nobukoさんも、周りの方も、素敵ですね。
それぞれが、自分のできることを真剣に考えて、起こす行動は、尊いです。
またちょっと勇気をもらいました。
Commented by つかP at 2011-05-14 01:16 x
 福井県の友人にもお願いしていた漬物リレーもちゃんと届いています。モノだけではなく、それがコトバに、そしてニーズに繋がります。私たち、災害ボランティアコーディネーターの願いがここにあります。たくさんの現場を見てきた中で学んだことです。
「らっきょうやつくだ煮」もさがさなければ、、、



現地スタッフのブログから
8時00分
福井市の(前田)Mさんから送られてきた支援物資、漬物ですが、火葬場の避難所に届けました。
火葬場は避難所に指定されていなかったのですが、高台に位置しているため、地域の方々が避難してそのまま避難所になっています。
最初の頃は、避難所ではなかったのと、火葬場に行く道が瓦礫で封鎖されていたこともあり、孤立した状態でした。今は支援が入っています。
ここには高齢者を中心に27名が生活しています。お漬物を届け、福井の名物の話しをしていると、ラッキョウ食べたいな、という話しになりました。どなたか。
Mさん、ありがとうございました。
Commented by nobukoueda at 2011-05-14 09:16
>つかPさま
 色々お世話になります。大原の御餅も準備しましたよ。お菓子や、佃煮とラッキョウも、要するにおかずになるような、日持ちのするものですね。
 私も後藤さんのブログを見るようにしています。本当にすばらしい記録ですね。貴重な資料にもなりそうです。また、福井のMさんの笑顔が浮かびますよ。私とも繋がっているような・・・気がします。
Commented by nobukoueda at 2011-05-14 09:23
>頼さま
 気持ちはあっても誰でもすぐ現地へと実行できる、それはなかなかです。この目で見たことを人に伝えることも大切ですし、ましてや、自分の肉体を使って片付け作業や色々お手伝いすることはどんなにか現地の力になったこととおもいます。それは又、とても勇気のあることと思いました。ありがとう。おつかれさまでしたね。
<< 東北へ 支援物資 BOX美術館 大原学園2 >>