イタリア カラーラ コロンナータ 大理石石切り場

c0100195_8414732.jpg

一夜明けて イタリアのカラーラの旅続きです。

2009年5月17日 〈日) この日は朝食後一緒に宿泊されいたエミリアさん一家とB&Bのオーナーkazuko さんの案内で代理性石切り場のコロンナータへ

途中、いろいろ石のみやげ物屋さんあって、もう、欲しいものいっぱい、でもなんといっても石なのでそんなに大きなもの買えず、真っ白な小さな作品の台座にもなりそうな白の大理石〈ミケランジェロ・スタトゥァーリ)と、かわいい卵の形のしろの石をかう。

そして コロンナータの集落
 
c0100195_1313096.gif

c0100195_13143628.gif


教会の前には

c0100195_13152427.gif

CAVATOREのモニュメントが
c0100195_1316266.gif


昔の石切り場の様子や
c0100195_13165958.gif

石職人さんの労働の様子がレリーフでかたられる。
大変な仕事だったことだろう、壮大な石切場では時には命がけの作業だったこととおもわれる。
c0100195_1321205.gif


石作りの落ち着いた家並みの小さな村だがそこにはなんだか世界一の石切り場で働いた人々の誇りのようなもので満たされているようだった。
c0100195_13244865.gif


c0100195_13251338.gif


c0100195_13254867.gif

彼らも昔は石の仕事に携わった人だろうか・・・
c0100195_1327616.gif


車のないときはどんなにか石を運ぶことも大変だったろう。

c0100195_13302220.gif


c0100195_13305080.gif

このお店は中はこの地方のいろいろな土産屋さんになっていたが、このご主人手作りの編み物が得意らしく店内にもいくつか作品が・・・
教会のミサが終わってから、教会内見学しようと広場で待っていると次々クラシカルなオートバイが

c0100195_13342058.gif

c0100195_13344449.gif
c0100195_13345953.gif

すごい音と人数で、しかし、なにやら愛好家のツーリングのようで少し休憩した後あっという間にさっていきました。
そろそろおなかもすいてきたとのことまた、もどって
c0100195_13374168.gif

迷路のような細い道をすすんで
c0100195_13383498.gif


この先に豚さんのマークのお店?
実はこの地方はランドルコロンナータ といって 豚のアブラを大理石の器に入れて熟成してできたラードのハムみたいなもので有名なところでした。

もちろん食べましたよ。



c0100195_13434115.gif

c0100195_13435878.gif


パンと一緒にたべて、とろけるようなハム、
その前のプレートは
c0100195_13452324.gif

オリーブがおいしい
たまねぎは赤と白、 手前右はチッコロ

c0100195_13455769.gif

チーズもすごくいい味、サラミのようなのは優しいエミリアさんのご主人は一つ一つ皮をむいてエミリアさんにハイ・・と

おなかいっぱいたくさんいただきました。
なんとエミリアさんのご主人には山道の運転もすべてしていただいた上にランチのこのお料理までご馳走に・・・
本当にご馳走様でした。

それからおさんぽして
c0100195_1350555.gif
c0100195_13502112.gif

イタリアの風土を体感して
c0100195_1351228.gif

c0100195_13514244.gif

c0100195_1355630.gif

c0100195_13552926.gif

さあ、次は もう少し上のミケランジェの石切り場にいきましょうか。
by nobukoueda | 2009-07-26 14:07 | パリ | Comments(10)
Commented by woodstove at 2009-07-26 16:52
この町の風景をどこかで見た事があります。
たしかBSでやっている「イタリアの小さな村」という
番組でした。ニットのお店と豚肉を加工する工房など
紹介してました。 nobukouedaさんはココに実際に
行かれたんですね。。。いいなあ。。。(^^;)
Commented by YuccaR at 2009-07-26 17:07
まあー、村人のように生活できたのね、羨ましいわ~。アンティックなスクーター、これぞイタリア。おじさんたちの大声のおしゃべりが聞こえてきそう!
Commented by nobukoueda at 2009-07-26 23:21
>woodstveさま
 いつもありがとうございます。この村紹介されていたのですか?とてもいいところでしたし、いたるところにある鉄の門や細工を見ると誰かさんのこと思ってましたよ。・・・いいでしょう・・・・(^^;)
Commented by nobukoueda at 2009-07-26 23:24
>YuccaRさま
 結構山の上の村なのですが、細い石畳の路地はなぜか、とてもひかれてどこまでも歩いてお散歩していたいところでした。バイクはホントアンテークなスクターばかりでたのしかったです。
Commented by nomadflower at 2009-07-27 08:05
本当に迷路のような街ですね。
石の迷路!?

で、ローマとか都心部より安全そうなので
一人彷徨っても問題なさそうに見えるんですが、
どうでした?

美味しそうな生ハム・・・じゅる
Commented by nobukoueda at 2009-07-27 09:21
>nomadflwerさま
 幸い、B&Bの和子さんに案内されていったので何も迷うこともなく・・・でも一人でもこういった田舎の町はとても人々も素朴で不安に思ったことは一度もありませんでしたよ。
でもまあ、若い女の子はいろいろお声のかかる機会もあるかもしれませんが・・・
とてもおいしかったですが、ラルド〈ラード)ばかり食べていると・・ふとりそう~^^;
Commented by ymomen at 2009-07-28 03:25
イタリアの大理石って、よく聞くけれど、小さいイタリアという国で大理石が採れるって、ピンとこないでいました

現代の食生活では、動物性脂肪を避ける傾向がありますが、ラードのおいしさ、ときにはどうしても誘惑に負けてしまいます
エミリアさんのご主人がサラミの皮をむいて、愛妻にあげているという光景を想像してうれしくなりました
Commented by nobukoueda at 2009-07-28 07:32
>ymomenさま
 コメントありがとう。
確かにイタリアは小さな国なのに世界中へ大理石を送り出していて、いつか、この美しい大理石の山もなくなってしまうのではと・・・
 ラルドというのが油のラードとは後で気がついてエ、エツ・・・とおもいましたが、確かに誘惑に負けてしまいます。
エミリアさんのご主人本当にやさしくて、紳士ですてきでした。どうして日本の男性は愛情表現できないんでしょう。あ~・・・うらやまし~
Commented by greenavenue at 2009-07-28 23:27
私達は、夕方行ったので、こんなに白く大理石の山は近くに見れなかったのですが、同じ場所を行ったかと思うと嬉しくなります。
今度は、コロンナータで絶対、ラルドを食べます♪
何しろお腹が減っていず、私達が行った日は大理石の洞窟でコンサートが有るとかで、村人、いず>爆

このワンちゃん、主かもネ。人はいないが、ワンちゃんはいました。
Commented by greenavenue at 2009-07-28 23:28
私達は、夕方行ったので、こんなに白く大理石の山は近くに見れなかったのですが、同じ場所を行ったかと思うと嬉しくなります。
今度は、コロンナータで絶対、ラルドを食べます♪
何しろお腹が減っていず、私達が行った日は大理石の洞窟でコンサートが有るとかで、村人、いず>爆

このワンちゃん、主かもネ。人はいないが、ワンちゃんはいました。
<< 大理石のの山々  ミケランジェ... イタリア カラーラ >>